2017-04

日本むかし話みたいな所 - 2017.04.21 Fri

岡山の実家は、日本むかし話のような所にあります。
この川を越えて、山を登っていきます。

おばあちゃん子だった私は、
お盆とお正月に岡山に行くことが
何よりの楽しみでした。
大学に入る頃までは、
毎年2回、必ず岡山に行きましたが、
桜が満開の時期は初めて。
s-IMG_4652.jpg

これは、実家裏のごみステーションの前です。
s-IMG_4899.jpg

ごみステーションの前でなければ、
お花見でもしたいくらいにキレイです。
s-IMG_4902.jpg

まじむはやっぱり桜よりも、
父のショベルカーの方が嬉しい様子。
s-IMG_4627.jpg

軽トラにも偉そうな顔をして乗っています。
s-IMG_4635.jpg

岡山から帰る日は、朝から良い天気。
ようやくちっぴーとカフーも
乾いた地面で散歩ができます。
s-IMG_4920.jpg

なんだか以前と雰囲気が違う…と思ったら、
家の前がコンクリートになっていました。
父が自分で敷いたそうです。
この面積、よくやったなぁ…。
s-IMG_4913.jpg
今年古希を迎える父ですが、
まじむと遊んでいる時以外は
草刈りをしたり、お墓の掃除をしたり、
とにかくじっとしていることがありません。

私は特にそれらを手伝うこともなく(笑)
カメラを持って桜を撮りに行きました。
すると、坂の向こうからちっぴーとカフーが散歩に来ました。
s-IMG_4926.jpg

私もこんなふうに、よく祖父母に散歩に連れて行ってもらいました。
s-IMG_4939.jpg
まじむは機嫌よくしゃべり、色んなものに驚き、
毎日昼寝もせず、楽しそうに全力で遊びました。
今度はもう少し暖かい時期に行って、
沢ガニ取りにでもつれて行きたいです。

1本なのに2色の花が咲く、
珍しい桜も見つけました。
s-IMG_4644.jpg
1年半ぶりの岡山でした。
実家はやっぱり、のんびりできて最高です。

帰りは私も「赤いのまじむ号」を運転しました。
速度を設定しておくと、前の車の状況を見て、
勝手にスピードを上げたり落としたりしてくれるので、
ハンドル操作以外は必要なく、
ものすごく便利でした。



スポンサーサイト

津山まなびの鉄道館 - 2017.04.19 Wed

津山まなびの鉄道館にやってきました。
s-IMG_4771.jpg

入場券は切符のようになっていて、
昔の切符のように、
パチンとハサミで切ってくれます。
s-IMG_4774.jpg

電車が展示されている扇形の機関車庫。
s-IMG_4874.jpg

好きな人なら多分「ほほう!」と言って立ち止まるような
電車たちがずらりと並んでいます。
s-IMG_4803.jpg

その他に、鉄道の歴史を学べる「あゆみルーム」、
鉄道のしくみを触って学べる「しくみルーム」、
そしてジオラマのある「まちなみルーム」があります。

片っ端から触って仕組みを学ぶまじむ。
s-IMG_4818.jpg

s-IMG_4819.jpg

s-IMG_4834.jpg

300円の入場料に対して、
初めて知ることが満載で面白かったです。
懐かしい切符もありました。
s-IMG_4867.jpg

線路の幅も色々。
s-IMG_4832.jpg

ダイヤグラム。
s-IMG_4869.jpg

すぐそばには津山駅があり、
実際に走っている津山線の電車などが見られます。
2両編成とか、1両とか。
s-IMG_4809.jpg

この写真の右側にぶら下がっているのは、
タブレットと言うものです。
私は初めて目にしました。
s-IMG_4865.jpg

単線の津山線で、電車同士の衝突を避けるためのしくみだそうで、
通行許可証のような役割をするものです。

赤い輪っかの先には、銅のような色をした
重たい円盤のようなものが入っています。
その真ん中には丸や四角の穴が空いていて、
その穴の形で通行できる区間が決まっているようです。

つまり、それぞれの区間に専用のタブレットが1つだけあり、
それを持っている電車だけがその区間を通れる。
だから単線の津山線で、衝突を避けることができる。
というようなことだと思います…。

s-IMG_4854.jpg
電車がすれ違える駅では、車掌さん同士が、
今まで走ってきた区間のタブレットを交換して
上の写真の機械にセットすることで、
ようやく、それぞれが先に進めるのだそう。
面倒だけれど、確実に衝突が避けられる方法だなぁと思いました。
この機械、今でも通電されていて使える状態で、
まじむは車掌顔で「はい!出発します!」とかなんとか言っていました。

私の両親は学生の頃に、車掌さん同士がこれを渡しているのを
実際に見た事があると言っていました。
母は、「何か、お手紙でも入ってるんやと思ってた。」
などと言っていましたが…、
車掌さん同士がどんなお手紙のやり取りを
していると思っていたんだろう?
「今日、マジだるいし…。」とか色ペンで書いてあったら面白いなぁと
想像してしまいました(笑)

津山のジオラマの中を走る電車を
真剣に見つめるまじむ。
s-IMG_4882.jpg

鉄道にとても詳しいおじいちゃんの係員さんが何人かいて、
優しく丁寧に色々教えてくれました。
その名の通り、いろいろ学べた鉄道館で、
まじむはもちろん、大人も大いに楽しみました。



津山城 鶴山(かくざん)公園 - 2017.04.17 Mon

「赤いのまじむ号」(=ボルボ)が来たから遠出をしたいね。
それなら、いっそ岡山まで行こうか。
伊豆高原の桜の時期が終わった頃に…

そんなことで決まった岡山行きだったので、
桜などまるで期待していなかったのですが、
今年は桜が遅くて、図らずも岡山にいる時に、
一番の見頃を迎えました。

それなら!と桜で有名な津山城跡の
鶴山(かくざん)公園に行きました。
s-IMG_4765.jpg
満開の桜とお城、
息をのむほどキレイでした。

桜吹雪のやらせ写真。
ちょっと盛りすぎました(笑)
s-IMG_4657.jpg

このくらいがいいかな。
s-IMG_4660.jpg

備中櫓横の見事な桜。
くー!青空で撮りたかった…。
陽が出たり陰ったりの、ちょっと肌寒い日でした。
s-IMG_4685.jpg

城下町を望む。
上手く撮れなかったけれど、
本当に桜の雲の上にいるようでした。
s-IMG_4701.jpg

まじむは走り放題。
桜よりも、おじいちゃんが良いまじむ。
s-IMG_4686.jpg

この石、よく積んだなぁ…。
s-IMG_4749.jpg

三脚を立てた、いかにも上手そうな人が
撮っていた場所が空いたので、
すかさず入り込んで撮影。
なるほど。
桜の額縁みたいに撮れるのか。
s-IMG_4745.jpg 
上手そうな人がいると、
どんな構図でどんな設定で撮っているのか気になります。

ところで、津山のB級グルメは
ホルモンうどんだそう。
s-IMG_4752.jpg

焼いていたのは、このお人形にそっくりなお兄さん。
上の写真ではお兄さんの顔を隠したけれど、
ぼかした意味がないくらい、このお人形に似ています。
s-IMG_4753.jpg

ホルモンうどんは、
甘めのタレにホルモンの旨味が加わり、
美味しかったです。
s-IMG_4755.jpg

日本100名城、日本さくら名所100選等に選ばれている津山城。
本当にきれいでした。
s-IMG_4739.jpg
「早く鉄道博物館に行こうよ~」
というまじむにせかされて、
鶴山公園を後にしました。

津山まなびの鉄道館に向かいます。



果報(カフー)へ行こう - 2017.04.15 Sat

いしまつさん一家と一緒に西を目指して出発。
いしまつさん一家は京都へ
私達は岡山へ向かいます。

途中、富士川SAで休憩。
富士山をバックに記念撮影。
s-IMG_4567.jpg
全員目に力がありません(笑)
時折雨がパラついたりして
なかなか寒い日でした。

浜松の果報(カフー)へ向かいます。
東名高速の浜松西ICで降ります。

ガソリンスタンドの敷地内に
沖縄カフェ果報(カフー)はあります。

ソーキそばとじゅーしー。
s-DSC_6068_20170414201630dd2.jpg

こちらは名物、果報のかき氷。
ふわっとした氷で頭が痛くなりません。
そしてソースがとっても美味しいのです。
いしまつさんも紅ほっぺ&生イチゴかき氷を狙っています。
s-DSC_6074.jpg

看板犬カフー君。
見送りに出てきてくれたけれど、
我が家のカフーは案の定吠えました。
怖くて顔を背けながら…(笑)
s-DSC_6080.jpg

その後、美合PAのドッグランで
いしまつさん一家とお別れ。
s-IMG_4536.jpg
岡山を目指します。




やっぱりやちむん - 2017.02.28 Tue

沖縄に来るとどうしても買ってしまいます。
やちむん。
今回はコロンとしたかわいい湯呑にしました。
読谷村のやちむんの里にある
北窯で見つけたものです。
s-IMG_1184.jpg

旅の最終日はこの冬一番の寒さ。
東京では雪が降った日でした。

那覇に向かう途中、
好きなお店だけを駆け足で見て回ることにしました。
夫に言わせると駆け足ではなかったようですが…。

宜野湾にあるモフモナノザッカ
s-DSC_0069.jpg

1階はカフェです。
s-DSC_0071.jpg

レンタカーを返す前に時間があるからと
壺屋のやちむん通りへ。
yacchi&moon(やっちとムーン)
s-DSC_0072.jpg

Sprout(スプラウト)
s-DSC_0074.jpg

gumaguwa(ぐまーぐわぁー)
s-DSC_0073.jpg

チャタロウ。
s-DSC_0075.jpg
本当は全部見て回りたかったけれど、
好きなお店だけ。
私の最大限の駆け足で(笑)

まじむはやちむんよりも
途中で出会ったショベルカーにくぎ付け。
s-DSC_0076.jpg

とうとう雨が降ってきてしまい、
アーケードのある市場通りへ移動。
この旅最後の夕食はあかさたなへ。
以前、所ジョージさんが紹介されていて知ったこのお店は
何を食べても美味しい、沖縄料理のお店です。
s-DSC_0084.jpg
まじむの「おいしいねー!」が止まりませんでした。
するとお隣の席のおばあちゃんに
「なんと、感性の豊かな子だねぇ。」とえらく褒められ、
別れ際にはバッグからレモンケーキを出して
「これをあげるよ。またおいで。」と言ってもらいました。

静岡から来たと話すと、
「この間は熱海に行ったよ。」
「その前は富士山の8合目までのぼったよ。」と、
私の母よりも年上のように見えたおばあちゃんは
ずいぶんと旅行をされている、お元気な方でした。

まじむを連れていると
いろんな所で話しかけてもらい、面白いです。

夫は最後に大好きな沖縄ぜんざいを食べて満足。
私は寒すぎて温かいぜんざいがやっとでした。
s-DSC_0087.jpg

まじむの小児科行きからスタートした今回の旅。
まじむが本調子でなくて、
予定していた所には行けなかったけれど、
とても楽しい5日間でした。

帰ってからも「沖縄に行きたいねぇ。」と
夫のような事を言うまじむです。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちっぴー☆

Author:ちっぴー☆
チワワのちっぴー(ブルータン・オス・2004年3月生)とカフー(ブラックタン・メス・2010年1月生)の飼い主です。

ちっぴーとのハッピーな生活を残したくて、2004年にブログ「Happy Chippy」を始めました。

旧ブログ「Happy Chippy」はこちら

ひょんなことから脱サラが決まり、2009年9月、伊豆高原でワンコと泊まれるペンション「ハッピーちっぴー」をスタートすることになりました。「ちっぴー」はチワワ店長へと華麗なる転職。

2匹目従業員「カフー」を2010年4月に迎えて、ますます楽しく頑張っています。

ちっぴー店長のオススメ

犬服(ワンコの洋服)とアクセサリーのお店9689(クロパグ)

9689banner.gif

ちっぴーとカフー御用達の京都にあるオシャレなお店。 2014年6月、新たに室内ドッグランを備えてリニューアルオープン! 学童ジャージと学童Tシャツは、今やちっぴカフーの制服です。 ネットでもオーダー出来ます。

カテゴリ

ちー散歩 (157)
ハッピーちっぴー (682)
ちっぴー (211)
カフー (187)
まじむ (105)
料理 (47)
旅行 (137)
ハンドメイド・DIY (45)
食べる (17)
ハッピーちっぴーの雑貨屋さん (10)
インテリア (15)
ガーデニング (65)
母の手仕事 (8)
kafuおうちzakka (12)
カメラ (17)
レザークラフト (8)
未分類 (67)

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

FC2カウンター

検索フォーム