2018-02

名護パイナップルパーク - 2018.02.23 Fri

陽気なシーサーが出迎えてくれました。
s-DSC04196.jpg

名護(なご)パイナップルパーク。
s-DSC04269.jpg

まずは自動運転のカートで園内を一周。
まじむは運転手気取りで進みます。
s-DSC04192.jpg


初めてのデート(?)の時にくらべると
なんだかそれらしくなってきた二人!?
s-DSC04209.jpg

(参考:初デートのバナナワニ園)
IMG_1735_2016052522572118f.jpg
足が短い!

パイナップルの道案内に沿って歩きます。
s-DSC04222.jpg
りおちゃんのパパは、
園内の植物をかたっぱしから、「あ、〇〇だ。」と言いながら歩き、
「これほどの大きさになるのはスゴイ!」とか、
「こういうふうに見せてるんだなぁ。」と、完全にプロ目線。
視察団のようでした(笑)

大きいシーサーに怯む2人。
何か怖いものがある時、
すぐに「これは優しい○○だよ。」と
自分に言い聞かせるまじむとりおちゃん。
s-DSC04247.jpg

小さいシーサーには強気なまじむ。
バチが当たるよ。
s-DSC04258.jpg

楽しみにしていたパイナップルをほうばり大満足。
お箸に刺さっているパイナップル。
「落とさないようにね。」と注意しながら、
どちらかがやるだろうなぁと予想はしていたけれど、
案の定、りおちゃんが途中で落っことしました。
s-DSC04294.jpg
帰り際に「いや、ここ楽しいわ!」とりおちゃんのパパが言いました。
視察団でない私も、とても楽しかったです。

さて、夕飯は沖縄料理のお店にやってきました。
だけど、お料理の写真が一枚も無くて、
そのかわり「いないいないばぁ」の写真が大量に…。

まじむとりおちゃんは、
ひろとくんを笑わそうとして、
一生懸命いないいないばぁをしていました。
s-DSC04320.jpg

s-DSC04323.jpg

ついこの間まで赤ちゃんだったまじむとりおちゃんが
ひろとくんを笑わせようと頑張っている。
それは微笑ましくて良い光景でした…
が…
りおちゃんのいないいないばぁが
なんだかヘンなのです。

あ!りおちゃん登場!
s-DSC04324.jpg

いないいないいない…が長いのですが、
その間お尻を左右にくねくねと振り続けます(笑)
s-DSC04325.jpg

かわいくて、私は大爆笑。
s-DSC04326.jpg

最後の「ばぁ」は力を込めて、
「ぶゎぁああぁぁ!」とぶつけてきます。
s-DSC04327.jpg

私はもう可笑しくてたまりませんでしたが、
ひろとくんには日常なのでしょう。
普通にニコニコ笑っていました。
s-DSC04314.jpg






スポンサーサイト

本部(もとぶ)へ - 2018.02.21 Wed

美ら海水族館に向かいます。
美ら海水族館のある海洋博公園で、
美ら海花まつり中だったので、とってもキレイでした。
s-DSC03940.jpg

どうしても走り出さずにはいられない3才児。
s-DSC03943.jpg

「並んで!」「カメラ見て!」と言っても
知らんぷりの3才児。
s-DSC03955.jpg

7か月はカメラを見て、こんなにいい顔をしてくれるのに…。
s-DSC03967.jpg

とっても部厚いガラスの水槽なのに、
ここはすごくキレイに撮れます。
めちゃくちゃ掃除をしているんだろうなぁといつも思います。
s-DSC03979.jpg

サメの歯の前で立ち尽くすまじむとりおちゃん。
s-DSC04022.jpg

マナティ館でこんなものを見つけました。
「国内でマナティに会えるのは4か所だけである。」
その4か所の中に、「熱川バナナワニ園」がありました。
s-DSC04070.jpg
どうりで!さっきから、りおちゃんのママが
ずい分マナティに詳しいなぁ…と思っていました。
りおちゃんのパパとママは
熱川バナナワニ園で働いています。

だから、水族館や植物園を見て回る時、
目線がプロだし、コメントもプロ。
植物の配置や展示方法、見せ方などにまで言及します。

さて、今度はふくぎ並木を通りぬけて…。
s-DSC04086.jpg

お昼はコッコ食堂に行きます。
s-DSC04092.jpg

本部に来たら、お昼は絶対にここです。
s-DSC04121.jpg

コッコ食堂のおそばには、
鶏と卵がのっています。
s-DSC04127.jpg

絶品おだしをかけてたべる鶏飯。
大好き。
s-DSC04126.jpg

すごくやる気だけど、彼はまだ離乳食です。
残念。
s-DSC04100.jpg

早々に飽きて、ひろとはティッシュでいたずら中。
s-DSC04112.jpg

ちっぴーも…。
P1010626_20150909003715be2.jpg

まじむも…。
IMG_0082_20150909003521878.jpg
ティッシュのいたずらは、みんな必ず通る道なのかな。

さて、水牛に乗りに行きます。
s-DSC04130.jpg

最初は前を向いて乗っていたまじむとりおちゃん、
1度ガタンと揺れて以来、後ろを向いて座ってしまいました。
顔つきも冴えません…。
s-DSC04148.jpg
「前に向けば?」と言っても「大丈夫。」と言葉少なに
こわばった顔で返すだけ。
二人とも怖がりです。

ふくぎ並木をのっしのっしと進む水牛車が
私はとても好きです。
s-DSC04159.jpg

りおちゃん達と並木散歩をしたかったので大満足でした。
s-DSC04172.jpg






カフーリゾート フチャク コンド・ホテル - 2018.02.19 Mon

今回はりおちゃん一家も一緒ということで、
気が大きくなった私達は、
カフーリゾート フチャク コンド・ホテルを予約しました。
まず名前がいい!カフーですから。
そして、以前泊まった友人から
とても良いホテルだと聞いていました。

普段なら絶対に泊まれないホテルですが、
昨年10月から、タイミングを計って
ネットとにらめっこしていた夫が、
手の届く値段のプランを見つけてきました。
しかもスイートルームを。
夫はそういう事が得意です。

夜遅く、ホテルに到着。
まじむは、部屋のあまりの広さに驚いて目を覚まし、
とても喜びました。

私は、3才の子どもが、まさか部屋が広いという事について
こんなにも喜ぶとは思っていませんでした。
まじむにとってはどこも変わらないと思っていました。

カフーリゾートのスイートをご覧ください。
ついでに部屋の広さに喜ぶ3才児の姿も。


一夜明けて…
s-DSC04333.jpg

朝食がとても美味しいと聞いていたので、
ワクワクしながらカフェに向かいました。
本当に美味しくて、今日は何にしようかと、
毎朝楽しみでした。

チョロマカするまじむがいると何かと面倒ですが、
りおちゃんのパパが遊んでくれている間に、
飲み物やデザートをゆっくり選べます。
助かります。
s-DSC03915.jpg

いつもなら20℃近くあるこの時期の沖縄ですが、
寒波到来中につき、寒かったです。
半袖はりおちゃんのパパくらい。
沖縄の方はヒートテックにダウンを重ねていて、
りおちゃんのパパに「寒くないの?」と聞いた人が
5人以上いました。
りおちゃんのパパは寒さに強いのです。
s-DSC03906.jpg

エッグベネディクト。
s-DSC03932.jpg

クロックムッシュ。
s-DSC04352.jpg

ピタヤボウル
s-DSC05189.jpg

和食も。
s-DSC03930.jpg

他にもワッフルやフレンチトースト、おかゆなど、
毎朝何を食べるか悩むのも分かるでしょう?
s-DSC04815.jpg

どの席で食べるのかも毎朝の楽しみ。
みんな一緒だからなおさら楽しい♪
友達が一緒だと、
ただドリンクを選ぶことも、
ランドリーに洗濯に行くことさえも、
旅の楽しいイベントです。
s-DSC04361.jpg

これはりおちゃんのママが
たまらず買ってしまったレインボーサンドイッチ。
s-DSC04828.jpg
私も、入口で気になっていたので、
りおちゃんのママがニコニコしながらこれを持ってきた時、
思わず「あ!680円!」と言ってしまいました。
カフーリゾートでそんなケチくさい事を言って反省。
みんなで分けて食べました。





ANA - 2018.02.17 Sat

まじむの将来の夢は
全日空のパイロットさんです。

羽田に向かう車中では、全日空を舞台とした映画
「ハッピーフライト」のDVDを見ながら、
気分を高めていました。

スーツケースに乗って、空港を移動するまじむ。
s-DSC03728.jpg

今回の旅は特別で、
まじむの保育園のクラスメート、りおちゃん一家と
一緒に沖縄に行ってきました。
s-DSC03718.jpg

搭乗までの時間も、まじむにとってはワクワクです。
パイロットさんとCAさんの打ち合わせを眺めるまじむ。
s-DSC03745.jpg

フライトを終えたパイロットさんに
カッコいい帽子を借りて撮影。
「頑張ってね。」と声を掛けていただきました。
s-DSC03756.jpg

飛行機が初めてのりおちゃん。
ワクワクしています。
s-DSC03759.jpg

まじむは4回目。
避難経路の確認を怠りません。
s-DSC03764.jpg
真剣な顔で、延々眺めては
ドライブヘッドが助けに来てくれるから…
とかなんとか言っていました(笑)

そして、乗った途端に開けたじゃがりこを、
飛び立つ前に食べ終えていました…。
s-DSC03772.jpg

伊豆高原から、結構時間をかけて羽田まで来たけれど、
飛び立ってすぐ富士山を通過。
s-DSC03796.jpg

リュックに入れて持ってきたミニカーを
テーブルに広げて遊びます。
s-DSC03817.jpg
それを見て声を掛けてくれたCAさんに
「ANAのパイロットさんになりたい。」とまじむが言うと、
「待ってるから、頑張ってね。」と励ましてくれました。

那覇について、一番に向かったのはピッツバーグ
ステーキが美味しくて、
優しいお母さんのいるレストランです。
ここで、原田マハさんの小説「風のマジム」の
主人公マジムのモデルとなった、
グレイスラム社長、金城祐子さんと待ち合わせです。
s-DSC03867.jpg
帯広出張を翌日に控えているにもかかわらず、
時間を取ってくださいました。

私とは1才違い。
だけど、歩んできた道のりがまるで違う金城さんを
私はとても尊敬しています。

大好きな金城さんに、
りおちゃんと弟のひろとくんを紹介出来て
とても楽しい夜でした。





初めてのペットホテル - 2018.02.15 Thu

この大きな袋。
ちっぴーとカフーの荷物です。
s-DSC03676.jpg
先日、ちっぴーとカフーは
初めてペットホテルに泊まりました。

来月には14才になるちっぴーじいさんなので、
いざと言う時の為に、
病院のホテルにお世話になりました。

今まで旅行の度に、
夫の父がハッピーちっぴーに泊まりに来て
面倒を見てくれていたので、
ペットホテルを使うのは初めてなのです。

カフーだけは、避妊手術の際に
この病院に1泊したことがありますが、
あの時はすっかりしょんぼりしてしまったのでした。

ショックを受けるカフー。
s-DSC03686.jpg

一瞬ですべてを悟るちっぴー。
s-DSC03687.jpg

s-DSC03688.jpg
さすがちっぴー。
ご名答。

4泊5日の旅ですが、
最終便で帰ってくるため、
お迎えは翌日。
ちっぴカフーは5泊です。
s-DSC03690.jpg

まじむは「すぐに帰ってくるからね。」
とかなんとか、ちっぴカフーを勇気づけていました。
s-DSC03697.jpg

こんな目で見上げられると、
寂しくなってしまいます。
s-DSC03707.jpg
特に、ちっぴーが大丈夫かな?と心配で、
家で使っている毛布やらクッションやら持ち込みました。
「カフーがエサを横取りしないよう、
見張って下さい。」とお願いしたり、
「絶対に迎えにくるから大丈夫だよ。」と
何度も言い聞かせたり…。

カフーもいよいよ覚悟を決めました。
s-DSC03711.jpg

プロビオペットクリニックでお世話になります。
s-DSC03716.jpg





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちっぴー☆

Author:ちっぴー☆
チワワのちっぴー(ブルータン・オス・2004年3月生)とカフー(ブラックタン・メス・2010年1月生)の飼い主です。

ちっぴーとのハッピーな生活を残したくて、2004年にブログ「Happy Chippy」を始めました。

旧ブログ「Happy Chippy」はこちら

ひょんなことから脱サラが決まり、2009年9月、伊豆高原でワンコと泊まれるペンション「ハッピーちっぴー」をスタートすることになりました。「ちっぴー」はチワワ店長へと華麗なる転職。

2匹目従業員「カフー」を2010年4月に迎えて、ますます楽しく頑張っています。

ちっぴー店長のオススメ

犬服(ワンコの洋服)とアクセサリーのお店9689(クロパグ)

9689banner.gif

ちっぴーとカフー御用達の京都にあるオシャレなお店。 2014年6月、新たに室内ドッグランを備えてリニューアルオープン! 学童ジャージと学童Tシャツは、今やちっぴカフーの制服です。 ネットでもオーダー出来ます。

カテゴリ

ちー散歩 (174)
ハッピーちっぴー (719)
ちっぴー (226)
カフー (198)
まじむ (139)
料理 (51)
旅行 (155)
ハンドメイド・DIY (46)
食べる (17)
ハッピーちっぴーの雑貨屋さん (11)
インテリア (16)
ガーデニング (67)
母の手仕事 (8)
kafuおうちzakka (12)
カメラ (21)
レザークラフト (8)
未分類 (69)

最新記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

FC2カウンター

検索フォーム